4月
2017

今風のウェディング

誰でも結婚式は、盛大に開催し、参加したゲスト皆んなが喜んでいただけるように多くのことを事前に調べます。

初めてのことだらけなので何を優先的に進めなければならないのかわからなかったです。
エンゲージリングは一般的に給料3ヶ月と言われますが、形は様々でその中から選ぶとなると時間も手間もかかります。

一番良いのは彼女の好きなデザイン、ピッタリなサイズを購入するのが一番ですが、サプライズで渡すのも喜ばれます。

私は、サプライズで渡しましたが、どんな指輪がよいのかなんてわからなかったです。

なので、女性誌を読んで、いま最も旬なデザインを探しました。

また、ウェディング会場も一般的なホテルや式場は流行ではなく、ゲストハウスやレストランでのウェディングが今風で堅苦しくなく、さらにおしゃれという認識のようです。

実際、ウェディング情報サイトの地域別式場データを見てみると、首都圏や都市部では様々な場所で結婚式を行えるようになっています。

よくある形式的な席順問題やお約束のメニュー進行なども迎賓館やレストランの場合、「ああ、洒落ているところはこんな感じなのかな?」と雰囲気で流してしまえそうな気がしますね。

3月
2017

ブランドの幅広さ

Radyというブランドをご存じでしょうか。

元小悪魔agehaモデルの武藤静香さんがプロデュースしているブランドです。

ギャル系イメージが強いですが手掛けている商品はとても幅広く、 洋服や靴・バッグはもちろん、香水や部屋着、メンズものから子供服まで揃っています。

商品もよく見てみると、大人の女性や中高生の若い方まで幅広い層に向けられています。

その広さは、プロデュースしている武藤さん本人の人となりからくるものだと思います。

武藤さんは結婚していてお子さんもいるママさんプロデューサーなので、その背景からこのブランドの幅広さを物語っているでしょう。

またハローキティとのコラボ商品を出すことで、今や世界中にいると言われているキティマニアの人からそうでもない人まで多くの心を掴むことができます。

ジャンルを広げることで日常生活の中にもこのRadyを取り入れることができ、トータルコーディネートが可能になります。

Radyは通販展開がメインですから、地方の方でも買いやすいですし、年に数回ファッションショーに出演することで更にブランドの認知度を上げています。

今や若者のファッションショーといえば最先端の場所のひとつで、現地でモデルさんが来ていた洋服をその場で買えるシステムがあるほどです。

そういったところでのアピールはとても大事な場所であり、これからも続いていくでしょう。

2月
2017

アニメを見て原作を買う

最新のアニメ情報はインターネットで『2017年 春アニメ』と、入力して検索します。

すると、大抵はまとめサイトが出てきますので、そのまとめサイトを閲覧します。

気になったタイトルやストーリーがあったアニメがあった場合は、そこのサイトにアクセスします。

該当ページにアクセスして、ストーリーやキャラ設定を含めた世界観に共感したアニメがあったら視聴確定です。

しかし、今年の冬は情報収集もままならず見ているアニメは一作品しかありません。

そんなときは、『アニメ 動画』とか検索すると、放映されたエピソードをネット経由で見れるサイトがあります。

ドラマなどは、公式サイトやアプリで過去作を試聴できますが、アニメの場合公式での動画は少ないですね。

DVDやBD需要を考えての事なのでしょうか?

漫画好きの人は、原作から入って、その原作がアニメ化されて視聴するというパターンが多いかと思います。

しかし、自分の場合はアニメから入り、そのアニメが気に入って原作本を買うパターンが多いです。

つまり、原作を知らずにアニメに入りますので、楽しめる視点が原作を知ってといる人と違います。

またアニメを見て原作を買うので、ネット動画は重要な位置を占めていますね。

でも、インターネットがここまで普及する前は、アニメージュみたいなアニメ専門誌で、どのようなアニメが放送されるかを調べていました。

サブタイトルもかかれていますので、あながちネタバレに近い点もありました。

こうして振り返りますと、時代の流れとともに情報収集パターンも違ってくるものです。

1月
2017

ブルースからジャズに

私の場合もともとブルースギターをやっており、その流れでピアノに興味を待ちました。セッションなどではギタリストが多く結果的にベースに回ることもあり、それならピアノが弾ければ・・・と安易に考えたわけです。

実際やってみてギターとの違いは和音の豊かさと音域の広さにあると思います。ピアノを教えてくれた方がジャズも得意で
「ブルースからジャズに入ると分かりやすいよ」
と言われ次第にジャズピアノに移行してきました。

ギターには#系のKEYが多くBbやEbというKEYはまず出てこないのですが当然ジャズでは必須のKEYであり、まずピアノでやってみてからギターに移すという考え方も少しづつですが出来るようになりました。

半面、ギターで特有のチョーキング(弦を引き上げて音を高くするテクニック)などはピアノで使いようがなく、これはこれでギターの良さを再認識したりもいたします。

ジャズピアノですがCDで聴くのはやはり黒人系が多いですね。レイ・ブライアント、デューク・ジョーダンといったブルースの香りがするピアニストが好みです。

トミー・フラナガンも良いですがこの人は黒人でもかなり洗練された印象ですね。

最近ではギタリストのバックでピアノを弾いたりもします。逆にピアノと組んでギターを弾くときはピアニストの気持ちも分かるので、音をぶつけないような配慮も出来るようになりました。

ジャズピアノを弾いている・・・と言うにはまだまだおこがましいですが、ピアノのおかげでより深く音楽を楽しめるようになったと思っています。

12月
2016

人生相談としての占い

今年の9月に初めて電話占いというものを経験しました。

というのもその時は、会社を辞めるかどうか、この先の人生をどう生きていくか、自分は何をしたいのか、と様々な問題が頭に浮かんでいて、とても苦しかったからです。

何でもいいから、誰かに自分の現状を話してアドバイスをもらいたい、しかし友人や先輩に相談するのもなんだか心配をかけるようで悪いし、どうしたものかと悩んでいた時にネットで電話占いの存在を知りました。

最初はなにやらうさんくさいイメージがありましたが、占いをして下さる方のプロフィールを見たら、キャリアアドバイザーの資格を持っている人を見かけました。

これは相談をしてみる価値があるのではないか、と思いさっそく申し込んでみることにしました。

予約した時間にぴったりと電話がかかってきて、電話占いはスタートしました。

とても人当たりの良い声の女性の方でした。

自分の現状や気持ちを相談して、アドバイスをいただきました。その人によると、私は大企業に縁があるみたいなので一度は公務員だったり大手の会社を狙ってみたらどうかということを言われました。

また、キャリアアドバイザーとしての立場からも色々とアドバイスを頂くことが出来て、自分の中にはなかった選択肢というものに改めて気づかされました。

悩んだ時の解決策として占いというものに抵抗感がある人は、人生相談として考えると良いと思います。

私地震体験してみて、とても有意義な時間を過ごせたと思っています。