10月
2016

短焦点プロジェクター

家の新しい社屋の会議室でプレゼンをした際にとても困ったことがありました。

今まで縦長だった部屋が横長になっており、両サイドがガラス張りの為、プロジェクターを使用する際には横長の部分にスクリーンを張るしかありません。

しかし、プロジェクターからスクリーンまでの距離が足らず、今まで100インチで移していた映像が小さくなったしまうのです。

中央付近の座席をどけて端まで持って来れば移りましたが皆、斜めから映像を見ることになります。

そこでインターネットで調べたところ、短焦点プロジェクターというものを使用すれば1~メートルの距離から100インチ画面を移せるという事がわかりました。

ただ、画像のゆがみなどが気になったので経理にお願いして1週間ほどその特殊なプロジェクターをレンタルしてもらい、実際に設置する事にしました。

これがすごく高性能で、スクリーンのほとんど下に見える1.3mの位置から歪みの無いクリアーが動画を映すことが出来ました。

今までの物より明るさ(ルーメン)も倍近くで、完全に明かりを落とさなくてもちゃんと見えるのには驚きました。

これを部長に見てもらうと、その最新機種に感心していてすぐに同じモデルを経費で購入できるように取り計らってもらえました。

5月
2016

トラックドライバー

以前トラックに乗って引っ越しの仕事をしていました。

ドライバーさんと一緒に隣県へ荷物を運び出すこともありとても大変な仕事でしたがやりがいを感じる仕事でもありました。引っ越しを依頼してくるお客さんは単身者がほとんどでとにかく安く見積もりをするようによくお願いされました。

単身者は荷物が少なくて私が乗っていた中古トラックにも悠遊積み込みができるのですが、バイクを一緒に引っ越させようとする単身者にはとても困らされた思い出があります。
見積もりの時点でバイクを一緒に行く旨を伝えてくれればよいのですが、引っ越し当日によくバイクや化粧台等を荷物に紛れこませるお客さんが多かったのでトラックにのせるのが大変でした。

ただ、きつかった仕事の後はコーヒーを飲みながらトラックの中で充実した時間を過ごしていた記憶があります。

そんな日頃の仕事でお世話になるトラックの清掃は週に1回本格的におこなっていました。

ボディやタイヤの汚れをしっかり落として、きれいに拭き上げて次の週の出勤に備えていました。

ドライバーさんはトラックの装飾をしていたり、修理も自分でしていたので珍しそうに見ているとトラックパーツの専門店があって、そこで部品を買って直すと車屋さんに持って行くより早いし安いと言っていました。

走行中にトラブルになったことは1度もなく快調に走ってくれていたので、私も将来は中古トラックを購入してもよいかと検討しています。

3月
2016

倉庫の整理

既に退職しましたが、家具家電チェーン店の会社に非正規ですが十年程勤務しておりました。

仕事の内容は多岐にわたり、当初は先輩の背中を追いかけるだけの毎日でした。

しかし、仕事に慣れてくると様々な疑問が湧いてくるようになりました。

余りにケアレスミスが多いのです。

原因は何なんだろう、何度となく注意をされても起こってしまう勘違いの原因は、パートそれぞれの意識にも問題はありますが、もしや袋・シール・バーコード等が置かれている倉庫の煩雑さに原因があるのではないかと感じました。

そこに気付いたのは、ここに来る前に勤めていた会社の契約していた物流倉庫を思い出したからです。

そこには幾つもの棚が整然と並び其々に小見出しが付けられており、出荷指示の合った荷物に最短で辿り着く事が出来たのです。

勿論、仕事の内容は全く違いますがこれを生かさない手はないと考えました。

その頃には毎月の棚卸しの作業を担当しておりましたので、上司にも許可を頂き同僚と共に倉庫の整理を致しました。

何処に何がストックされているか、新人にも分かり易くを心掛けました。

その際には呆れる程の廃棄すべき古いシールやバーコードが出て来て、これが使われていたらと怖くなったものです。

倉庫を綺麗に整頓してからは確実にミスは減りました。

只、整理整頓をしただけでも人の意識は変わるのだと実感した出来事でした。

7月
2015

夏の研修報告会

私は総務課に所属しており、毎年夏に研修報告会を立案、実施しています。

私の会社ではお盆休みが無いので、8月の土日を利用していつも静岡県の海沿い施設を利用しています。

大きな民宿のような施設ですが、BBQの施設や大浴場など完備されており、研修を通して社員各自が親睦を深められるので、とても気に入っている施設です。

わが社の研修は数年前までは役職付(部長、課長、係長等)の縦割り研修を行っていたのですが、もっと今の時代にマッチした形態が必要だと考え、横割り(同年代、同期)研修を提案し、導入する事になりました。

研修施設に大き目の宴会場があるのですが、そこでのロールプレイゲームなどを行い、さらに横つながりの親睦を深めてもらい、仕事に関する悩みや相談などをだれにでもしやすいような人間関係を築き、一人で抱え込まないような組織作りを目指しています。

我が社は毎年その施設でお世話になっているので、プロジェクターやパイプイスなども用意してくれ、仕事の実践的な研修にも非常に利用しやすい施設になっています。福利厚生を提供する会社からもっときれいで整った研修施設を勧められる事もあるのですが、わが社の事をよく理解してくださり協力してくださるその施設をこれからも利用させていただく予定です。

6月
2015

ネット卸し問屋

ネットショップをはじめて数年経ちますが、メーカーとの直接取引だけでなく、
インターネットで仕入れる事も多々あります。

それまで利用していたインターネット問屋はDeNA BtoB market(旧ネッシーの頃からの利用です。)などの企業でした。

その後に、代行仕入れ会社を通してタオバオなどの中国系問屋と取引をはじめました。

アパレルのアイテムが豊富で、ファッションの卸売は驚くくらい安く仕入れることが可能です。

タオバオへの登録は無料ですが、それぞれの会社に取引申請したり、交渉をしたりという事が必要となります。

このあたりは、すべて代行会社に希望を伝えてもらっています。

もし、仕入れたい商品が登録されていない場合は、サプライヤー(問屋)に商材リクエストして相談する事も可能です。

ネット問屋の場合、中国からの輸入と言ってもロット数が少ない会社も少なくないので、交渉次第で非常にコストを抑える事が出来るのです。

中には「OEM」が可能な場合も有り、バイヤー(購入者)にとって、選択肢が広がります。

種類が豊富すぎるため、必要ではない(仕入れ対象外の)商品も見てしまい、長居しすぎてしまう事が唯一のデメリットです。