6月
2018

IT担当の高収入求人

IT革命が始まった2000年以降、印刷業からウェブデザインへ業務展開した際に元同僚の何人かは独立しました。

私の知る限り2018年現在残っているのはほんの一割の人です。

ほんの五年ほど前までは個人事務所でも適度に仕事が入ってくるような状況だったようですが、CMSやSNSが浸透してオフィシャルホームページに凝る必要がなくなったり、素人でもテンプレート次第でプロ並みのデザインを作れるようになって仕事がどんどん減っていったようです。

元私の上司だった知人も昨年の四月に個人事務所を閉め就職したとのことです。
先月あった時に名刺をもらいましたが、ハンドJOBグループという風俗系の運営会社のIT担当をやっているようです。

印刷屋からウェブデザイナーとなり、フリーで仕事をしていた状況でしたので年齢給を即座にもらえるような職種としては高額報酬の水商売系という選択は実は結構一般的で、ウェブ関連事業者の中には夜の商売のネットコンサルを兼業としている人も少なくはありません。

オリジナルデザインや各種SNSとオンラインメディアとの連携、クラウドネットワークを最先端で活用しているのはこの業界ですから、ECサイトの設計と構築まで自分のスキルでカバーできる元上司にとっては潤沢な予算でフルに能力を発揮できる仕事なのでしょう。
ネット労働者とも比喩される過酷なウェブ担の報酬は元上司の再就職した会社の報酬でようやく適正と言えると思います。

10月
2017

民泊の鍵管理

民泊条例と聞いて「ああ、使っていない家を貸し出すあれでしょ?私には関係ないな。」とスルーしていたのですが、周囲では以外にも民泊ホストを考えている知人が多くでビックリしました。

主に不動産投資ブームの時に、投資用不動産を購入したものの空き室に悩まされているという人が多いようですね。

そこでもしオリンピック期間に使われていない部屋があったら、短期間でも収益が見込めるのではと。

空き室を寝かせるよりはいいというものの、民泊条例をざっと確認しても今のところ年の半分(180日以内)を稼働の条件としているようですから賃貸用の部屋を不特定多数に貸し出すためのコストはなるべく安く抑えないといけません。

現在ホスト検討中の友人の場合は、問題がカギの受け渡しだそうで、物理鍵の場合その受け渡しの頻度によっては人件費と管理コストがかかって今いますし、キーボックスのようなシステムならセキュリティー面で心配です。

そんなときに、民泊ホストの世界的データベースであるAirbnbに対応したスマートロックを知りました。

一部のビジネス向けスマートロックでは、WIFI仕様で無駄な工事が必要なく導入できる番号入力式のドアキーで、Airbnbの鍵受け渡し管理ができるシステムがあるそうです。

これを投資用物件に導入して、Airbnbからの利用申し込み時に自動で鍵番号をオンライン受け渡しをし、無駄なコストを極力減らすという考え。

なかなかハイテクな方法ですし、外国人利用者が大多数を占めるであろうオリンピック期間に置いて、この方法が最もベストなのではと思います。

12月
2015

無料情報系セミナー動画

ほんの一昔前まで、ネットの無料情報と言えば、とても実践できないような断片的なもので充分でした。

教材ならほんの数問、ノウハウならイントロ程度、動画ならガリガリの低画質で、すべての情報が欲しいならお金を払ってくださいねというスタンスです。

しかし、ここ数年で企業がインターネットコンテンツにかけるお金の額が増え、回線は高速化し、スマホの普及による場所を選ばないコマーシャル戦略のおかげで上記のようなケチな無料情報では見向きもされない時代になりつつあります。

私はネットビジネスを副業にしたくて情報商材を良くチェックするのですが、今では使える情報や無料のセミナーが驚くべきクオリティーで提供されていて、恒久的に最新情報をアップデートしたい場合はお金を払うという「使って見てずっと使いたかったら」というスタンスに変わってきていることを実感しました。

驚くべきことに、無料の動画コンテンツを集めたデータベースは、教材価格にしたら数百万円になるような情報が公然と使い放題、見放題になっていて、これは、シェアウエアが「機能制限版」を無料ダウンロードさせていた時代が「フル機能期間限定版」に切り替わっているのと同じ構図だと思いました。

今ではお試しと言っても、フル機能、セミナーなら丸ごと一コマ受講できるくらいでなくては、集客コンテンツとして成り立たないのだという事がよくわかります。

2月
2015

オーサーコメントの重要性

インターネットで定期的に見ていたブログや匿名掲示板は、2年もするとすっかり見なくなりました。

やはり、正体も判らない人がまことしやかに書いた色々な知識や情報を、初めは何となく「すごい事を知った」と思って過ごしていたり、RSSを追ったりしていたのですが、あるきっかけで「無責任な情報を信じる事」がばかばかしくなったのです。

それは、誰でも投稿できるヤフー?コというサービスでした。

そこで、散々悪い評判を書かれていたお店があったのですが、なんとそこは私の友人のお店でした。

私も良く言っていますので、その口コミのようなモノの半分以上が、お店に絶対行ったことの無い人だとわかる内容でした。

原因は、同じ街の同業者さんがお店に来た時に、連続してクレームをされたそうなのですが、その対処をこなしていくうちにお店には来なくなり、今度はネットでの悪評が増えたのだそうです。

途端にそのサイトの口コミのすべてが信じられなくなりました。

また、有名な質問回答サービスで、詳しい人が居たら教えてほしいと投稿したところ、本当に詳しく教えていただいたことが、実際に試してみると全くの嘘とでたらめだったことがありました。

それからは、ネットでも専門家、オーサーとして認知されている人の情報以外はあまり真面目に見ないようになったのです。

昨日も、私が通っている痩身専科というエステのホームページを探していたら、酷い中傷記事を見かけました。

どうもオーナーの河井大志さんという方が、インターネットでSmartaleckというコンサルタント会社も運営しているのですが、その業界の人達がそのようなページをたくさん作っているようです。

痩身専科というエステも私が実際に通っていて、すごくお気に入りだったので本当に腹が立ちました。

河井大志さんのエステの、フランチャイズのお店などはリアルの世界で評判が良いですし、本当にびっくりするような内容です。

インターネットというのは、私の友人のお店や、エステの社長のようにちゃんと自分の所在を明かして商売をしている人と、匿名でネットビジネスのような事をしている人、携帯で暇つぶしの為にアクセスしている人など様々な人が居ます。

匿名の人や、ネットのペンネームにイラストの似顔絵の人など、リアルな世界を隠している人に限って酷い言葉使いだったり、嘘を平気で広めたりという行為がひどいと思います。

ネットに詳しいお友達から聞いた話では、イラストの似顔絵の人やネット有名人、アルファブロガー(ツイッター)、などは自分のブログやSNSにファンが居て、その人たちからおすすめ商品を買ってもらったり、イイネを押してもらう事だけが目的ですので、その場しのぎの嘘でもなんでも、刺激的な情報のような記事を書くのだそうです。

毎日のように皆が驚くようなネタなんてないはずですから、そういった創作的な批判やねつ造でもしなければ続かないのかもしれません。

それに、毎日何本も投稿をしているので少々適当な事を書いてもすぐに流れてしまいますよね。

わたしが、ネットだけの人達の書き込みを読むのがばかばかしくなった理由です。

最近は、ネットのルールも細分化されてきて、信用に値する情報を発信する人を明確にしようという動きが活発になってきていると感じます。

オールアバウトジャパンなどは、情報発信者の型が全員、自身のプロフィールや実績を公開しています。

昨年末あたりからはヤフーニュースなどでもオーサーからのコメントが上に表示されるようになりました。

匿名でうっぷんを晴らすようなネットの使い方をしている人の言う事を丸々信じ込まないように、専門家の立場の人の見解と見比べられるようにという試みは、私的には大歓迎です。

9月
2014

レンタル携帯や私書箱

以前、レンタル携帯や私書箱の貸し出しサービスを見かけた時は、「こんなサービス需要あるのかな。少なくとも自分には必要ないな。」と思っていたのですが、ふとしたことからそんなサービスを利用する事になりました。

理由はある会員制サイトの情報がハッカーによって流出してしまったことです。

ニュースになってしばらくしてから、明らかにスパム的なメールやセールスの郵便物、勧誘電話が増えました。

これは完全にどこかの名簿業者の手に、私の情報が渡ってしまったのだと思いました。

その後半年ほどして隣の区に引っ越すことになったので、「よし!このタイミングで住所などの情報を匿名にしよう」と思いたったのです。

私書箱は月数千円ですので、保険としてすぐになりましたが、さすがに電話回線や携帯電話までレンタルするほどの余裕はありませんでした。

そこで、IP回線のネット電話番号を一つ追加して、インターネット上ではこの情報を使うという決まりを作りました。

さらに、インターネットで使うユーザー名とパスワードはロック付きUSBに保管して管理しました。

正直、その後にどのサイトからどんな情報が漏れたのか把握できてしまい、今前秦王していた会員制サービスをいくつか解約しました。

ネットで様々な情報を記入する際は、自己防衛が必須なんだなと痛感しました。