8月
2017

いざという時のクレジットカード

急な入り用で、お金が必要になることは、意外と多いものです。

最近では、電化製品の故障です。

洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジなどが、ここ2~3年の内に、次々と壊れてしまいました。

どれも引越しの際、同じ時期に購入しているので、納得はできます。

しかし、続けざまに故障してしまうと、なかなか金銭的にしんどいです。

サポートセンターに連絡すると「長くお使いいただき、ありがとうございます」と、寿命を告げるかの返事が返ってきました。

修理は諦めて、全て買い替えをすることにしました。

家電の故障で困ることは、数日内と生活にかなり支障が出る事です。

現金と残りをカードで支払って、その後大変な事に気がつきました。

私は自営業なので、住民税やその他もろもろの支払いを自分でしなくてはいけないのです。

うちの句は滞納するとすぐに訪問が来るのでどうやって現金を工面しようと考えて、先ほど家電を買ったクレジットカードを思い出しました。

私はキャッシング機能をカードに着けていないのですが、先週ネットで見たクレジットカード現金化というサービスで工面してみようと。

カードを作ってからオンライン支払以外で使ったことの無かったクレジットカードですが、いざという時に役に立ってくれました。

まあ今後は慌てることがないよう、専用の積み立てをしておくと良いかもしれません。

5月
2017

価値ある仮想通貨

最近その勢いを増しているビットコイン需要ですが、とうとうその価値が金を上回たっとして、大々的にニュースに取り上げられました。

実際にビットコインは電子マネーとしての価値を高め続けていき、利用者も年々急増しています。

今や1オンスの金をも超える投資資産として注目されているビットコインですが、これからもこの強気な相場は続いていくことが予想されていて、一獲千金のチャンスが到来していると言われています。

現に、最近では安く買って高く売るという従来の投資方法より一歩進み、ビットコインを預けて運用して高配当を得る投資システムが注目されています。

ネット投資に革命的な手法を取り入れたこのビットコイン投資ですが、その根底の基盤としてブロックチェーンと言うシステムがあり、効率的でスムーズな仮想通貨の流通を実現しているのです。

分散型クラウドコンピューティングの技術を応用したこのブロックチェーンシステムは、中枢機能が存在しなくても信頼性の高い通信技術を実現しています。

こういった技術の存在が、ビットコインを金よりも価値のある通貨へと押し上げているのです。

金融機関や企業などの第三者仲介システムの存在しない、直接的なデータのやり取りと言う点が、主に投資に向いているポイントだと言えます。

また、データ改ざんがシステム上実現不可能と言う点も、安定した価値を生み出す理由の一つになっています。

4月
2017

家賃収入

不動産投資といえば投資の中でも比較的リスクが低いということから興味をもつ方が多い投資のひとつですね。

アパートやマンションといった不動産を購入し、その物件の価値があがる頃合いを見て売却するのが不動産投資というものですが、最近ではそちらの利益よりも家賃収入に重きを置いている投資家のほうが多い傾向にあります。

インターネットで調べると、多くの成功事例を目撃することができるでしょう。

しかし実際には必ず収入の増加が期待できるというわけではないため、事前にリスクや対策を把握してから臨む必要があります。そのひとつが入居者の確保ですね。

例え好立地の物件を購入できたとしても、そこに住む人間がいなければ家賃収入を得ることができません。

また、購入時に入居している人がずっと住んでいるわけではないため、一度退去した後のこともきちんと考えておく必要があるでしょう。

一般管理のほうが費用がかからないので良いと思いがちですが、空室リスクを考えて空室保証を検討したり、リフォームやクリーニング費用についても考えておく必要があります。

それらを踏まえてサブリースか一般管理にするかなど十分に考慮する必要があるでしょう。

目先の情報に流されずしっかりと自分で結論を出すことができれば生命保険や年金対策になるなど多くのメリットを生み出すため、目先の情報に流されずに信念を持って不動産投資をしたいものですね。

8月
2015

株価暴落

私は2000年くらいから株式投を始めたので資暦は短いほうでも長いほうででもありません。ただし、運用成績はそれほど投資では儲かってはいません。

なぜならば、毎日きちんと株価を見たり企業業績を研究して、常に新しい投資先を見つけるという勤勉な投資方法をとっていないからです。端的に行ってしまえば、私はサラリーマンとして働いているので株式取引で利益をあげようがあげましが私の生活には関係がありません。

だから勤勉な投資家になる必要がなかったのです。そのため、今は私はどちらかと言うと怠け者の投資家として年数回のトレードで稼ごうと虫のいいことを考えています。

しかし、怠け者の投資家といっても全く何もしないと言うわけではありません。

私の投資方法は年間の株式取引の回数が極端に少ないので、株価が大きく下がったときには毎日株価を見て買い時を探るので、完全な怠け者の投資家ではないのかもしれません。
しかし、株価が大きく下がり、夜のニュース番組のトップニュースになることは一年内にそれほど多くはないので、やはり私は怠け者の投資家かもしれません。ここで、少し付け加えると私が株式投資をするときは一般のニュース番組で株式の話を大々的に取り上げられたときだけです。

私が気がつくことができた投資方法として、リスクを極端に低くしリターンを最大限出す方法はこの投資方法なのでこれからもこの方法で株式取引をするつもりです。

7月
2015

借金問題

弁護士というとお堅い、近づき難いイメージを持つことが多いと思いますが、私の親戚の相談にのってくれた弁護士はとても優しい人でした。

親戚は借金を重ねてしまい、法的に整理をしないと立ち行かないところまできてしまっていました。

精神的に不安定なところがあったので、なかなか働くこともできず、当初は自己破産ではなく債務整理でどうにかしたいと計画をしていましたが、それではすまない事態になってしまったのです。

自己破産というと失うものが多いので、親戚は躊躇をしていたんですが、そんな時弁護士の対応は本当に優しいものでした。

誰の紹介でもなく、ネットで府中の弁護士を探して連絡しただけだったのですが、とりとめもない不安を、2.3時間でも聞いてくれたのです。

借金をしてしまうなんて自分が悪いと言われればそれまでなのに、親戚の気持ちや今後のことを気にかけてくださり、本人が納得できるようにと丁寧にお話をしてくださいました。

その対応に親戚も、またその親族も感動しました。

弁護士といったらそれこそ、時間に応じて値段も変わるものだし、対応もどちらかというと冷たいものだというイメージでした。

しかし、高いお金にならない案件にも丁寧に対応してくれる弁護士もいるんだと知り驚きました。

おかげで、その親戚は無事に借金問題を片付ける事ができ、新しい人生をスタートしています。