5月
2018

自己流筋トレの危険性

体を鍛えるという事を考えると、まずランニングなどの有酸素運動と、ダンベルなど重量負荷を使った筋トレを思い浮かべますが、筋トレというのは本当にプロの指導の下で行った方がいいと私は思っています。

なぜそう思っているかという答えは簡単で、私は自己流で無理な重量のウェイトを何の計画性も無いまま自宅で持ち上げていて、腰を痛めてしまったからです。

ネットで聞きかじった知識で限界の重さのウェイトを悪い姿勢で持っていたため、左右片方にいつも力を逃がしていたのが原因だと整形外科の先生に言われました。

それで私も場合は、右の骨盤付近に激痛が走るようになり、トレーニングどころではなくなってしまったのです。

せめてジムのトレーナーにサポートしてもらいながら、指導を受けてやっていればこういう事は起こらなかったわけで、私の学生時代からの友人で、今は大分でパーソナルトレーニングの師事を受けているスポーツマンの友人が、フェイスブックで私が病院で理学治療を受けているのを知ってアドバイスしてくれました。

まあ、時すでに遅しでぎっくり癖がついてしまったという事もあるのですが、私の場合は今後身体が完治しても一人でトレーニングをする気は起きず(飛び上がるような激痛を経験したので)出来るなら費用はかかってもパーソナルトレーナーに指導してもらおうと思っています。