3月
2018

レーシック… 受けてみようかな

同僚がレーシックを受けて眼鏡無しになった事で私もやってみようかなという気になったのは昨年の暮れ頃の事でした。

それまでは、視力矯正はしたいけど眼球を手術するのは恐ろしすぎると思っていて、まったく手術は選択肢にありませんでした。

しかし、同僚から事細かにその様子を聞いてみるとまず最初の誤解である眼球にメスを入れるような事はしないという事に驚きました。

じゃあどうやって手術するのかというと、レーザー光線でするのだそうです。

それも10分かそこらで説明を受けながら光を当てられて、気が付くともう終わっているという、虫歯の治療よりも簡単で苦痛も無いという事でした。

また、視力は手術直後、つまり「はい終わりです」とお医者様に言われた時点でもう回復していて帰りは裸眼というとてつもない効果。

なんだ―それなら私もしたいなとネットで”レーシック 費用”を検索すると、数か所の医院の費用を比較したサイトを見つけておおよそ20万円以内で両目のレーシックが可能だという事を知りました。

もちろん定期健診と日々の点眼などのケアが必要なようですが、私が初めに持っていた手術のイメージのネガ要素を覆されたことで、それくらいならうけてみてもいいなと、考えを改めるきっかけになった出来事でした。