9月
2018

ドルフロ

先週から始めたドールズフロントライン。
ドルフロって何ぞやという事については私もさほどコアなゲーマーではないのでざっくりとした説明できないのですが、兵器の名前がついた戦術人形を使って戦うゲームなのです。

私はスマホで始めましたが、アプリがインストールできるプラットフォームなら何でもできるみたいですね。

私の友人はデスクトップにNOXというアンドロイドエミュレーターを入れて、大きな画面でやっていたのでかなり羨ましいなと思いました。

今、ドールズフロントラインの攻略サイトを見ながら、キャラの強さ(ランク)やスキル(能力)などを確認して進めている状況ですが、ドルフロで検索してみると判る通りパッと見キャラゲーです。

でも、やり込みしたくなるというか報われる要素がすごく多くて、例えば単純にクリアしていくと言うだけならながらでも十分飽きずにできるのに、勲章、いわゆるアチーブメントを取っていこうと考えるとかなりシビアな戦略ゲームになるのです。

にたような兵器擬人化ゲームとしては艦これを少しやっていましたが、レベルなどのスピード感、爽快感はこちらが断然上だと思いますし、ちょっと遊ぶだけでも、やり込むにしても、すごくバランスがいいゲームが出てきたなと思いました。

6月
2018

IT担当の高収入求人

IT革命が始まった2000年以降、印刷業からウェブデザインへ業務展開した際に元同僚の何人かは独立しました。

私の知る限り2018年現在残っているのはほんの一割の人です。

ほんの五年ほど前までは個人事務所でも適度に仕事が入ってくるような状況だったようですが、CMSやSNSが浸透してオフィシャルホームページに凝る必要がなくなったり、素人でもテンプレート次第でプロ並みのデザインを作れるようになって仕事がどんどん減っていったようです。

元私の上司だった知人も昨年の四月に個人事務所を閉め就職したとのことです。
先月あった時に名刺をもらいましたが、ハンドJOBグループという風俗系の運営会社のIT担当をやっているようです。

印刷屋からウェブデザイナーとなり、フリーで仕事をしていた状況でしたので年齢給を即座にもらえるような職種としては高額報酬の水商売系という選択は実は結構一般的で、ウェブ関連事業者の中には夜の商売のネットコンサルを兼業としている人も少なくはありません。

オリジナルデザインや各種SNSとオンラインメディアとの連携、クラウドネットワークを最先端で活用しているのはこの業界ですから、ECサイトの設計と構築まで自分のスキルでカバーできる元上司にとっては潤沢な予算でフルに能力を発揮できる仕事なのでしょう。
ネット労働者とも比喩される過酷なウェブ担の報酬は元上司の再就職した会社の報酬でようやく適正と言えると思います。

5月
2018

自己流筋トレの危険性

体を鍛えるという事を考えると、まずランニングなどの有酸素運動と、ダンベルなど重量負荷を使った筋トレを思い浮かべますが、筋トレというのは本当にプロの指導の下で行った方がいいと私は思っています。

なぜそう思っているかという答えは簡単で、私は自己流で無理な重量のウェイトを何の計画性も無いまま自宅で持ち上げていて、腰を痛めてしまったからです。

ネットで聞きかじった知識で限界の重さのウェイトを悪い姿勢で持っていたため、左右片方にいつも力を逃がしていたのが原因だと整形外科の先生に言われました。

それで私も場合は、右の骨盤付近に激痛が走るようになり、トレーニングどころではなくなってしまったのです。

せめてジムのトレーナーにサポートしてもらいながら、指導を受けてやっていればこういう事は起こらなかったわけで、私の学生時代からの友人で、今は大分でパーソナルトレーニングの師事を受けているスポーツマンの友人が、フェイスブックで私が病院で理学治療を受けているのを知ってアドバイスしてくれました。

まあ、時すでに遅しでぎっくり癖がついてしまったという事もあるのですが、私の場合は今後身体が完治しても一人でトレーニングをする気は起きず(飛び上がるような激痛を経験したので)出来るなら費用はかかってもパーソナルトレーナーに指導してもらおうと思っています。

4月
2018

ポイント還元セール

数か月前からスマホでポイントサイトの利用を始めました。

それまでは、いまいちそういったサービスの利点がわからなかったのですが、きっかけは楽天のポイント還元セールで、何気なく交還率の高い商品を検索エンジンで探していた時です。

たまたまですが、「げん玉」というサイトの楽天やヤフーショップの高還元カテゴリがヒットしたので興味本位でアクセスしてみました。

ちょうど買おうと思っていた商品だったので、それならそのサイトから購入したほうが得だと思い、アカウントを作りました。

それから、げん玉に載っているポイント取得法を暇なときに試していたところ、数か月で結構たまったのです。

その間、楽天のような買い物で必要なものを購入した以外は、指定のコンテンツを見たりゲームをしたりとそのために特別出費したことはありません。

それからは「じゃあ、もっといろいろなアカウントを作ればいいのでは?」と思い立ち、ポイントサイトを複数紹介している比較サイトを探して、上位のサイトのアカウントをいくつか作ってみることにしました。

まあ、これで大金を稼ごうとかそういった目的ではありませんが、一か月くらいでたまったポイントを電子マネーなどに変えてみると十分にお小遣いには充分なるものだと思います。

3月
2018

レーシック… 受けてみようかな

同僚がレーシックを受けて眼鏡無しになった事で私もやってみようかなという気になったのは昨年の暮れ頃の事でした。

それまでは、視力矯正はしたいけど眼球を手術するのは恐ろしすぎると思っていて、まったく手術は選択肢にありませんでした。

しかし、同僚から事細かにその様子を聞いてみるとまず最初の誤解である眼球にメスを入れるような事はしないという事に驚きました。

じゃあどうやって手術するのかというと、レーザー光線でするのだそうです。

それも10分かそこらで説明を受けながら光を当てられて、気が付くともう終わっているという、虫歯の治療よりも簡単で苦痛も無いという事でした。

また、視力は手術直後、つまり「はい終わりです」とお医者様に言われた時点でもう回復していて帰りは裸眼というとてつもない効果。

なんだ―それなら私もしたいなとネットで”レーシック 費用”を検索すると、数か所の医院の費用を比較したサイトを見つけておおよそ20万円以内で両目のレーシックが可能だという事を知りました。

もちろん定期健診と日々の点眼などのケアが必要なようですが、私が初めに持っていた手術のイメージのネガ要素を覆されたことで、それくらいならうけてみてもいいなと、考えを改めるきっかけになった出来事でした。